このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーの界面活性剤からのヘアダメージなんて、今はほとんど無いのかも知れない

シャンプーの危険性のひとつに界面活性剤の危険性があります。ネットでよく評価されるシャンプーは、この界面活性剤の品質がよく、一般的な市販のシャンプーはあまりよくないとか。ところが、そんねことはなさそうな情報を入手いたしました。今回はそんなお…

今のシャンプーは多くが弱酸性か中性で、洗浄力もマイルドらしい。

昔のシャンプーは多くはアルカリ性で、洗浄力が強いものが多くありました。それらは製造技術がまだ未熟だったこともあったのですが、私達の生活習慣からも来ていたと考えています。では、ほぼ毎日洗うようになった現在でも、多くが同じようなシャンプーなの…

【保存版】シャンプーの正しい仕方・方法を、「なぜそうするのか」という理由も合わせてお話します。

毎日行うシャンプーはヘアケアの基本で、「正しいシャンプー法」というものは多くの所でご紹介されています。今回は当サイトで考えた正しいシャンプーの仕方を、「なぜ、そのようにするのか」という根拠も合わせてご紹介します。あなたのヘアケアの何かの足…

グレイヘアが注目される背景には、白髪染めの難しさもあるのかもしれない。

最近になって話題のグレイヘアですが、このようなスタイルが流行する背景には、従来の白髪染めに対する不満もあると思います。どうして白髪染めに対して不満が出てくるのか、そのシンプルな理由についてのお話が、今回の記事の内容です。

hair と hairs の違いからみる「髪」と「髪の毛」の違い。髪と髪の毛は同じようであり違わないかもしれません。

hair と hairs に違いがあるようにに、「髪」と「髪の毛」にも違いがあるのか調べてみました。結果は同じであるようで違いもあるという、よく分からいものでしが、これには日本語と英語の違い見られるような、日本語という言語が持つ特徴が深く関わっていま…

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いと、昔と今では少し違うという話。

シャンプーの後に使用するものに『コンディショナー』『リンス』『トリートメント』と三つのものがありますが、それぞれ違いがあるのでしょうか?これら三つの違いと、それぞれ髪にどう作用するのか知ると、どれを買えば1番いいかが分かります。

【朗報】加齢や傷で髪の毛が成長しなくなる理由が解明。発毛・育毛の新たな可能性が広がった話。

現代では「年をとるこで現れる薄毛」や「ケガによって髪が成長しなくなった」というものに対して、治療法や特効薬はありませんでした。しかし最近の研究で、どうしてこれらで髪の毛が成長しなくなるのかというメカニズムが解明されたという話を耳にしました…

プールの塩素と、髪のダメージの話。プールで髪が傷むのは塩素が原因だと言われていますが、本当なのでしょうか?

プールに入ると髪がバシバシになったり、頻繁に泳いでいると髪色が明るくなったりすることがありますが、その原因は塩素だと言われています。ですが実際のところ、本当にプールの塩素が原因なのでしょうか? 今回はプールで髪が傷む原因を徹底的に調べてみま…

水道水の残留塩素で髪が傷む? 髪と水道水の塩素の話。

たまに話題に上がっていくる水道水にふくまれている塩素、つまり残留塩素の話ですが、これれの話の多くは読者の不安をあおっているような話が非常に多いと思います。本当のところ残留塩素は髪に影響するのか、影響するとしたらどういう影響なのかなど、当サ…

髪の毛は弱酸性で、弱酸性の状態が良いと、なぜ言われるのか?

「髪は弱酸性だ」とよく言われますが、どうして弱酸性だと言われるのでしょうか? 水に溶けない髪の毛が弱酸性だと言われるのには、もちろん理由があります。今回は髪が弱酸性をしめす理由や、なぜ弱酸性の状態が良いと言われるのか、その疑問について徹底的…

「乾いた髪にリンスして脱色」がどうして出来るか、その仕組をちょっと強引に考えてみた話。

髪を明るくする方法で「リンスを乾いた髪に付け、10〜15分ほど置いてからシャンプーすると明るくなる」という話があります。リンスの成分を見たらブリーチのような成分は1つも入っていないのに、本当に髪が明るくなるのでしょうか?今回はリンスで脱色ができ…

残留アルカリがある髪で、気をつけたら幸せになるかも知れない2つのこと。

残留アルカリは、それ自体はたいしたヘアダメージを起こしませんが、他の要素(残留した還元剤・酸化剤、太陽光など)が加わると髪に悪さをする可能性が一気に高まります。悪さをする前にアルカリを除去したいのですが、除去するまでの間は何もできないので…

髪のダメージ(ヘアダメージ)の原因まとめ。髪は日々さまざまな要因からダメージを受けています。

髪のトラブルでも多いヘアダメージについて、その原因を簡単ではありますがまとめました。髪のダメージの原因は様々ありますが、一度受けたら治らない髪のダメージは、防ぐための每日のヘアケアがとても重要になってきます。

髪の弾力(コシ)に関係している4つの結合の話。 この結合によって、髪の毛は強い弾力性を持てています。

髪の毛は非常に弾力、つまり「コシ」がある組織なのですが、このコシはいったいどこから来ているのでしょうか? 実は髪の弾力やコシは、髪の構造の中に秘密があります。今回は、髪のセットやパーマなどとも関係が深い、髪の4つの結合についての話です。

海で髪が傷む!その原因と対策をまとめました。海水浴でヘアダメージを抑える参考にして下さい。

夏と言えば海ですが、海で困るのが髪のダメージ。どうしても抑えたいものです。そんな海で受ける髪のダメージの原因から、海でヘアダメージを軽減するいくつかの方法を徹底的にまとめました。これを読めば海水浴での髪のダメージが少しはマシになるかも?

「残留するアルカリ」て何? アルカリ剤の種類と特徴についての話。

残留アルカリと言われる髪にアルカリが残留する現象は、昔はあまり問題として注目されていませんでしたが、近年では様々な場所で見聞きするようになりました。ですが、そもそも「髪に残留するアルカリ」とは何でしょう?今回はそんな買に残留するアルカリに…

理美容店は増えているのに市場は縮小、美容師は増えているのに美容師不足、という不思議な話。

厚生労働省の衛生行政報告によると、今年の理美容店の数も、理美容師の数も増えています。理容店・理容師は減少傾向ですが、それを上回る数で増加しているのが美容店・美容師です。ですが業界の市場は縮小傾向、美容師の数は不足しているそうです。どうして…

髪は残留アルカリだけでは、ダメージを受けない(かもしれない)話。

パーマやヘアカラーをすれば髪のアルカリが残る「残留アルカリ」というものがあります。髪は弱酸性の状態が強くアルカリ性だと弱くなる。そのアルカリが残るなんて髪にとってキケン!なんて思いますよね?本当にそうでしょうか?今回はそんな残留アルカリに…

シャワーの温度は何℃が適切? ぬれた髪と熱から科学的に考えた、洗髪時に髪にとって最適な水温の話。

毎日のように行うシャンプー。湯シャンであっても毎日のように洗髪しますよね。このとき、適切な温度があるのをご存知でしょうか。じつは髪はぬれている状態が非常に弱く、温度や状態によっては髪に何らかの影響を与える可能性もありえるのです。今回はそん…

髪も肌のように、アルカリ中和能があるのか、それとも無いのか。

髪と肌はケラチンタンパク質でできていて、似ている部分は多くあります。そのお肌には「アルカリ中和能」という機能があり、皮膚がアルカリ性に傾けばすぐさま弱酸性に戻す働きを持っています。では、よく似た部分がある髪にも、そのような機能はあるのでし…

髪とも関係が深い『酸化』って、そもそもなに? 髪にまつわる酸化について、まとめてみました。

日常に最も近い化学反応に酸化がありますが、実は髪にもいろいろ関係が深い化学反応なのです。今回はその酸化について簡単な酸化の説明から、髪にまつわる酸化が関係した話など、様々いろいろとまとめたお話です。

「グーの握りこぶしにした手の甲ぐらいの固さの頭皮ならキケン」はデマ。頭皮の硬さと薄毛の関係の話。

グーにした握りこぶしの、その手の甲ぐらいの皮膚の硬さと頭皮の硬さが同じなら、薄毛の危険性が高いという噂は、育毛サロンなどでもよく聞く言葉です。どうしてかという理屈ももっともらしく聞こえますが、本当の所はどうなのでしょう?今回はそのことにつ…

サイトアドレス(URL)を独自ドメインに変更しました。

サイト URL を独自ドメインに変更したお知らせです。

町や地域に昔からある、小さな理容店や美容店が潰れずに残り続けている理由。

町や地域に必ずといっていいほどあるのが昔から営業している理容店や美容店なのですが、それほど繁盛していないように見えるのに潰れたり閉店したりしません。どうしてなのかと言えば、理美容店の儲けのカラクリにヒントがあります。今回はその秘密について…

頭皮マッサージは薄毛改善に効果が無いと聞いたけど、ほんとうにそうなの?という話。

育毛や薄毛改善に効果があると言われている頭皮のマッサージです。主に血行を促進する目的で行うのですが、その効果については様々な意見があるのです。今回はその頭皮マッサージの様々な意見や効果、それとオススメの方法もちょっぴり載せてご紹介します。

トリートメントの後にリンスやコンディショナーは、しない方が良いという話。

髪のダメージが気になる時、実しやかに囁かれているヘアケア法として「トリートメントを浸透させた後に、コンディショナーやリンスで髪を保護する」という方法があります。一見すると理にかなっているように思えるのですが、実はしないほうが良いと考えてい…

シャンプーの泡立ちと洗浄力の話。洗浄の強さを見極めるには泡の状態を判断材料とするのが、ある程度役立ちます。

シャンプーといえば泡立つというイメージですが、しっかり泡立っているときはシャンプーの洗浄力ももっとも高い状態だとも言えます。ですが近頃は皮脂の取りすぎや洗いすぎといったことが問題になっているのも事実。今回はその洗浄力の見極めで、ちょっと役…

シャンプーやトリートメント、リンスやコンディショナーなどで使われている、界面活性剤とは何か。

シャンプーやトリートメント・リンス・コンディショナーにかかせない、界面活性剤についての話です。じつは整髪料や化粧品など、さまざまな製品に使われていて、髪の毛の関わる製品にもきってもきれない重要な成分でもあります。

シャンプーの頻度や回数を真剣に考えた結果、洗髪頻度や回数はその人によって変わることが分かった話。

每日おこなうことが普通になったシャンプーですが、以前は週一回や、月二回だったことをご存知ですか? 近年では「朝シャン」などもありますが、頻繁におこなうシャンプーにも疑問の声も出ています。いったいどの頻度でどの回数がベストなのか、考えてみまし…

最近のシャンプーはどんなものを選んでも、大差はあまりないんじゃないかな?と思ってしまった話。

昔、お風呂があまり普及していなかった時代は洗浄力が強く、粗悪なシャンプーが多かったのですが、最近ではシャンプーの品質も向上し、洗浄力も弱くなってきています。そんなことを考えていたら「最近のシャンプーは、どんなものを選んでも大違ないんじゃな…