このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

理美容店は増えているのに市場は縮小、美容師は増えているのに美容師不足、という不思議な話。

厚生労働省の衛生行政報告によると、今年の理美容店の数も、理美容師の数も増えています。理容店・理容師は減少傾向ですが、それを上回る数で増加しているのが美容店・美容師です。ですが業界の市場は縮小傾向、美容師の数は不足しているそうです。どうして…

髪は残留アルカリだけでは、ダメージを受けない(かもしれない)話。

パーマやヘアカラーをすれば髪のアルカリが残る「残留アルカリ」というものがあります。髪は弱酸性の状態が強くアルカリ性だと弱くなる。そのアルカリが残るなんて髪にとってキケン!なんて思いますよね?本当にそうでしょうか?今回はそんな残留アルカリに…

【保存版】シャンプーの正しい仕方・方法を、「なぜそうするのか」という理由も合わせてお話します。

毎日行うシャンプーはヘアケアの基本で、「正しいシャンプー法」というものは多くの所でご紹介されています。今回は当サイトで考えた正しいシャンプーの仕方を、「なぜ、そのようにするのか」という根拠も合わせてご紹介します。あなたのヘアケアの何かの足…

シャワーの温度は何℃が適切? ぬれた髪と熱から科学的に考えた、洗髪時に髪にとって最適な水温の話。

毎日のように行うシャンプー。湯シャンであっても毎日のように洗髪しますよね。このとき、適切な温度があるのをご存知でしょうか。じつは髪はぬれている状態が非常に弱く、温度や状態によっては髪に何らかの影響を与える可能性もありえるのです。今回はそん…

髪も肌のように、アルカリ中和能があるのか、それとも無いのか。

髪と肌はケラチンタンパク質でできていて、似ている部分は多くあります。そのお肌には「アルカリ中和能」という機能があり、皮膚がアルカリ性に傾けばすぐさま弱酸性に戻す働きを持っています。では、よく似た部分がある髪にも、そのような機能はあるのでし…

髪とも関係が深い『酸化』って、そもそもなに? 髪にまつわる酸化について、まとめてみました。

日常に最も近い化学反応に酸化がありますが、実は髪にもいろいろ関係が深い化学反応なのです。今回はその酸化について簡単な酸化の説明から、髪にまつわる酸化が関係した話など、様々いろいろとまとめたお話です。

「グーの握りこぶしにした手の甲ぐらいの固さの頭皮ならキケン」はデマ。頭皮の硬さと薄毛の関係の話。

グーにした握りこぶしの、その手の甲ぐらいの皮膚の硬さと頭皮の硬さが同じなら、薄毛の危険性が高いという噂は、育毛サロンなどでもよく聞く言葉です。どうしてかという理屈ももっともらしく聞こえますが、本当の所はどうなのでしょう?今回はそのことにつ…

サイトアドレス(URL)を独自ドメインに変更しました。

サイト URL を独自ドメインに変更したお知らせです。

町や地域に昔からある、小さな理容店や美容店が潰れずに残り続けている理由。

町や地域に必ずといっていいほどあるのが昔から営業している理容店や美容店なのですが、それほど繁盛していないように見えるのに潰れたり閉店したりしません。どうしてなのかと言えば、理美容店の儲けのカラクリにヒントがあります。今回はその秘密について…

頭皮マッサージは薄毛改善に効果が無いと聞いたけど、ほんとうにそうなの?という話。

育毛や薄毛改善に効果があると言われている頭皮のマッサージです。主に血行を促進する目的で行うのですが、その効果については様々な意見があるのです。今回はその頭皮マッサージの様々な意見や効果、それとオススメの方法もちょっぴり載せてご紹介します。

トリートメントの後にリンスやコンディショナーは、しない方が良いという話。

髪のダメージが気になる時、実しやかに囁かれているヘアケア法として「トリートメントを浸透させた後に、コンディショナーやリンスで髪を保護する」という方法があります。一見すると理にかなっているように思えるのですが、実はしないほうが良いと考えてい…

シャンプーの泡立ちと洗浄力の話。洗浄の強さを見極めるには泡の状態を判断材料とするのが、ある程度役立ちます。

シャンプーといえば泡立つというイメージですが、しっかり泡立っているときはシャンプーの洗浄力ももっとも高い状態だとも言えます。ですが近頃は皮脂の取りすぎや洗いすぎといったことが問題になっているのも事実。今回はその洗浄力の見極めで、ちょっと役…

シャンプーやトリートメント、リンスやコンディショナーなどで使われている、界面活性剤とは何か。

シャンプーやトリートメント・リンス・コンディショナーにかかせない、界面活性剤についての話です。じつは整髪料や化粧品など、さまざまな製品に使われていて、髪の毛の関わる製品にもきってもきれない重要な成分でもあります。

シャンプーの頻度や回数を真剣に考えた結果、洗髪頻度や回数はその人によって変わることが分かった話。

每日おこなうことが普通になったシャンプーですが、以前は週一回や、月二回だったことをご存知ですか? 近年では「朝シャン」などもありますが、頻繁におこなうシャンプーにも疑問の声も出ています。いったいどの頻度でどの回数がベストなのか、考えてみまし…

最近のシャンプーはどんなものを選んでも、大差はあまりないんじゃないかな?と思ってしまった話。

昔、お風呂があまり普及していなかった時代は洗浄力が強く、粗悪なシャンプーが多かったのですが、最近ではシャンプーの品質も向上し、洗浄力も弱くなってきています。そんなことを考えていたら「最近のシャンプーは、どんなものを選んでも大違ないんじゃな…

ついに「髪を修復する」と断言してもよい、ヘアケア製品が販売されたかもしれない話。

髪はダメージを受けると修復はできない――そう言われてきました。実際、ダメージを受けた髪は切るしかなく、再生は不可能だと言われていました。ですが最近「髪のダメージを修復する」と言ってもよい製品が、限定生産ですが販売し始めたそうです。今回はその…

アミノ酸シャンプーだって欠点はある?髪や頭皮に良いと言われるアミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット。

ネットでシャンプーを調べてみたら、よく出てくるシャンプーにアミノ酸系のシャンプーがあります。これらアミノ酸シャンプーは記事によると少々値段は高いですが、髪や頭皮に非常に良いという印象を受けます。はたしてそれは、本当でしょうか?今回はアミノ…

シャンプーなどの成分解析サイトのように、表示成分だけで製品の良し悪しを判断するのは、あまり良くないという話。

シャンプーの解析サイトなどでは、その成分の解析を利用して高額なシャンプーなどを販売しているサイトもありますが、シャンプーといったヘア関連製品の品質を成分の解析だけで判断するのは非常に難しいのです。そう考えるにいたった理由について、今回は書…

『髪は呼吸している』という話。髪の毛にとってこれは、とっても大事な機能です。

髪は「死んだ細胞」だと言われているのに、呼吸していると聞いたら、どう思いますか?確かに髪の細胞は、細胞としての活動はしていませんが、髪の毛の組織自体は呼吸するような機能を持っているのです。今回はこの髪の精巧で不思議な機能、髪の呼吸について…

AIやIoTなど最新技術を理美容や毛髪業界にどう活用させるのか、勝手に妄想した話。

近年の技術進歩は著しく、次に来るのはビックデータやAIなど「ITをどう使うか」ということらしいです。ITには比較的疎い理美容・毛髪業界なのですが、このような技術で画期的なサービスが出てくるかもしれません。今回はそんな話から、管理人が勝手に考えた…

「ストレートになるシャンプーやトリートメント」があると聞いたので、ちょっと調べてみた話。

シャンプーなどで「ストレートになるシャンプー&トリートメント」なるものがあるらしく、それらはシャンプーやトリートメントの成分で髪のうねりやクセを抑えてくれるそうです。ストパーなどしなくてもストレートになるなら画期的ですが、どのような仕組み…

髪が持つ3つの水分(結合水・自由水・吸着水)の話。水分があることで髪はやわらかく、しなやかに動くことができます。

健康な髪は柔らかく、しなやかで、瑞々しい弾力を持っているのですが、それは毛髪内部に水分があるためです。そうです、髪は内部に水分を閉じ込めている物質なのです。しかもこの水分、髪の毛自身が呼吸して調整していることをご存知ですか?今回はそんな髪…

髪と頭皮の紫外線(UV)対策を考える。夏は特に量が多くなるので、とても注意が必要です。

夏といえば気になるのはお肌の大敵、紫外線ですね。ですがこの紫外線、髪や頭皮にとっても大敵なのをご存知でしょうか?今回は夏の紫外線から髪や頭皮を守る対策をまとめてみました。ヘアダメージや抜け毛に関係があると言われる夏の日差し。しっかり対策し…

海で髪が傷む!その原因と対策をまとめました。海水浴でヘアダメージを抑える参考にして下さい。

夏と言えば海ですが、海で困るのが髪のダメージ。どうしても抑えたいものです。そんな海で受ける髪のダメージの原因から、海でヘアダメージを軽減するいくつかの方法を徹底的にまとめました。これを読めば海水浴での髪のダメージが少しはマシになるかも?

髪の毛は弱酸性だけど、どうして弱酸性? という疑問を解説。じつは髪の成分であるアミノ酸が関係しています。

髪は弱酸性だとよく言われますが、どうして弱酸性だと言われるのでしょうか? 水に溶けない髪の毛が弱酸性をしめすのには、とうぜん理由があります。今回は髪が弱酸性をしめす理由について、髪の構造や成分から紐解いていきたいと思います。

髪と、プールの塩素と、ダメージの話。プールで髪が傷むのは塩素が原因だと言われていますが、本当なのでしょうか?

プールに入ると髪がバシバシになったり、頻繁に泳いでいると髪色が明るくなったりすることがありますが、その原因は塩素だと言われています。ですが実際のところ、本当にプールの塩素が原因なのでしょうか? 今回はプールで髪が傷む原因を徹底的に調べてみま…

髪と水道水の残留塩素の話。水道水には衛生のために塩素が含まれていますが、それは気にしなくてもよい程度の量です。

たまに話題に上がっていくる水道水にふくまれている塩素、つまり残留塩素の話ですが、これれの話の多くは読者の不安をあおっているような話が非常に多いと思います。本当のところ残留塩素は髪に影響するのか、影響するとしたらどういう影響なのかなど、当サ…

じつは髪の毛は、水のことが大キライ? 生命の進化や動物の体毛から見る、髪と水との関係性の話。

私たちは進化の過程で髪など一部の

1日200本抜けても大丈夫? 髪の毛が1日に抜ける本数と、時期や季節の関係。抜ける本数には独自のリズムがあるのです。

「髪が1日にこれぐらい抜けるとヤバイ」という話がありますが、髪の毛自体は毎日自然に脱毛しています。その本数が多いと薄毛・抜け毛を気にしますが、実は1日に抜ける本数は、1年を通して同じ本数とは限らないのです。今回は時期や季節によって変わる、髪の…

リンスインシャンプーて何? 仕組みは? などについて、いろいろまとめました。実はけっこう化学的な仕組みなのです。

リンスインシャンプーをご存知ですか?リンスとシャンプーが一体化したシャンプーなのですが、単純にシャンプー剤とリンス剤を混ぜても出来ません。いったいどのような仕組みでシャンプーとリンスの両性能を持つことができるのでしょうか?そのような諸々の…