このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプー

【保存版】シャンプーの正しい仕方・方法を、「なぜそうするのか」という理由も合わせてお話します。

毎日行うシャンプーはヘアケアの基本で、「正しいシャンプー法」というものは多くの所でご紹介されています。今回は当サイトで考えた正しいシャンプーの仕方を、「なぜ、そのようにするのか」という根拠も合わせてご紹介します。あなたのヘアケアの何かの足…

シャワーの温度は何℃が適切? ぬれた髪と熱から科学的に考えた、洗髪時に髪にとって最適な水温の話。

毎日のように行うシャンプー。湯シャンであっても毎日のように洗髪しますよね。このとき、適切な温度があるのをご存知でしょうか。じつは髪はぬれている状態が非常に弱く、温度や状態によっては髪に何らかの影響を与える可能性もありえるのです。今回はそん…

シャンプーの泡立ちと洗浄力の話。洗浄の強さを見極めるには泡の状態を判断材料とするのが、ある程度役立ちます。

シャンプーといえば泡立つというイメージですが、しっかり泡立っているときはシャンプーの洗浄力ももっとも高い状態だとも言えます。ですが近頃は皮脂の取りすぎや洗いすぎといったことが問題になっているのも事実。今回はその洗浄力の見極めで、ちょっと役…

シャンプーやトリートメント、リンスやコンディショナーなどで使われている、界面活性剤とは何か。

シャンプーやトリートメント・リンス・コンディショナーにかかせない、界面活性剤についての話です。じつは整髪料や化粧品など、さまざまな製品に使われていて、髪の毛の関わる製品にもきってもきれない重要な成分でもあります。

シャンプーの頻度や回数を真剣に考えた結果、洗髪頻度や回数はその人によって変わることが分かった話。

每日おこなうことが普通になったシャンプーですが、以前は週一回や、月二回だったことをご存知ですか? 近年では「朝シャン」などもありますが、頻繁におこなうシャンプーにも疑問の声も出ています。いったいどの頻度でどの回数がベストなのか、考えてみまし…

最近のシャンプーはどんなものを選んでも、大差はあまりないんじゃないかな?と思ってしまった話。

昔、お風呂があまり普及していなかった時代は洗浄力が強く、粗悪なシャンプーが多かったのですが、最近ではシャンプーの品質も向上し、洗浄力も弱くなってきています。そんなことを考えていたら「最近のシャンプーは、どんなものを選んでも大違ないんじゃな…

アミノ酸シャンプーだって欠点はある?髪や頭皮に良いと言われるアミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット。

ネットでシャンプーを調べてみたら、よく出てくるシャンプーにアミノ酸系のシャンプーがあります。これらアミノ酸シャンプーは記事によると少々値段は高いですが、髪や頭皮に非常に良いという印象を受けます。はたしてそれは、本当でしょうか?今回はアミノ…

シャンプーなどの成分解析サイトのように、表示成分だけで製品の良し悪しを判断するのは、あまり良くないという話。

シャンプーの解析サイトなどでは、その成分の解析を利用して高額なシャンプーなどを販売しているサイトもありますが、シャンプーといったヘア関連製品の品質を成分の解析だけで判断するのは非常に難しいのです。そう考えるにいたった理由について、今回は書…

「ストレートになるシャンプーやトリートメント」があると聞いたので、ちょっと調べてみた話。

シャンプーなどで「ストレートになるシャンプー&トリートメント」なるものがあるらしく、それらはシャンプーやトリートメントの成分で髪のうねりやクセを抑えてくれるそうです。ストパーなどしなくてもストレートになるなら画期的ですが、どのような仕組み…

髪の毛は弱酸性だけど、どうして弱酸性? という疑問を解説。じつは髪の成分であるアミノ酸が関係しています。

髪は弱酸性だとよく言われますが、どうして弱酸性だと言われるのでしょうか? 水に溶けない髪の毛が弱酸性をしめすのには、とうぜん理由があります。今回は髪が弱酸性をしめす理由について、髪の構造や成分から紐解いていきたいと思います。

リンスインシャンプーて何? 仕組みは? などについて、いろいろまとめました。実はけっこう化学的な仕組みなのです。

リンスインシャンプーをご存知ですか?リンスとシャンプーが一体化したシャンプーなのですが、単純にシャンプー剤とリンス剤を混ぜても出来ません。いったいどのような仕組みでシャンプーとリンスの両性能を持つことができるのでしょうか?そのような諸々の…

シャンプー剤の成分と、その働きについてまとめ。単にシャンプーといっても、中身はけっこう複雑なのです。

シャンプー剤に含まれている成分と、その働きについてまとめました。一口に「シャンプー」といっても、実に様々な成分が入っていて、それぞれが絶妙な配合で上手く働くことで、一つのシャンプー剤として成り立っています。