このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプー

【妄想】市販のシャンプーで余分なモノが付かないようキレイに洗える(かもしれない)方法。

かつて、シャンプーの洗浄力は高かった。私の持っている古い資料『毛髪大全科」によると、シャンプーで洗うと、髪の油分や水分が減っていることが実験で明らかになっています。ですがね、これって当時の洗浄力が強いシャンプーの話なのですよ。この時代はよ…

シャンプーの界面活性剤(〇〇系シャンプー)成分と、大まかな種類(その 2 )。

前回の続きで、今回も界面活性剤の話です。シャンプーに使われる界面活性剤は「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つでした。これらは、この3つに分けることができるほど、成分の特徴が似通っていたので、それで良かったのですが、近年は様々な…

シャンプーの界面活性剤(〇〇系シャンプー)成分と、大まかな種類(その 1 )。

以前、界面活性剤の分類について書きましたが、その中で多くのシャンプーに使われるものがアニオン(陰イオン)界面活性剤です。で、このアニオン界面活性剤にも何種類かの種類があります。ものすごく大まかに分けると次の3つです。高級アルコール系、石鹸系…

シャンプーを解析サイトの情報だけで判断するのはキケンかもしれない話。

シャンプーなどの髪の毛に関係した製品は「薬機法(旧:薬事法)」という法律に基づき、厳しく管理されています。その一つの例として、化粧品などに使われている成分名の全表示が義務付けられています。そして、これら成分名からシャンプーなどの製品の質な…

界面活性剤の4つの分類と、その性質。

前回は界面活性剤の働きや機能でしたが、今回は界面活性剤の分類です。ひとことに界面活性剤といっても様々。シャンプーやコンディショナーには界面活性剤が使われていますが、それらがそれぞれ役割が違うように、界面活性剤も同じモノではありません。今回…

シャンプーやコンディショナー等で使われている界面活性剤とは。

シャンプーやコンディショナー(リンス)、そのほかトリートメントや化粧品など、多くの製品に使われている成分に界面活性剤があります。界面活性剤はネットなどで悪者のように書かれていることが、よくあります。これはこの「界面活性剤」が洗剤の主成分で…

シャンプーには『適切な量』がある。

私はシャンプーを、市販のものを使うようにしています。「市販のもの」とはスーパーやドラッグストア等で売られているものです。いわゆる普通のシャンプーのことで、サロンやネットで買うことができる高価なシャンプーは使わないようにしています。どうして…

髪がパサつく3つの原因。

髪のパサつき。全ての年代の女性が持つ髪の悩み。「パサつき」が具体的になんや?と言えば「髪がまとまりにくくなった」や「しなやかさや、潤いがなくなった」といった毛髪の風合いの悪さだと言えます。感じ方・捉え方には個人差がありますが。このパサつき…

何もしていないのに最近髪がパサついた感じがする場合、シャンプーやリンスが原因かもしれません。

年代によって悩みも様々ですが、全ての年齢で共通の悩みが「パサつき」です。髪のパサつきの原因はいくつかありますが、特にダメージになりそうなこと(パーマやカラー)はしてないのに、なんだか最近髪がパサついてきた…。そんな人がおられませんか?その原…

シャンプーで1番重要なのは「よくすすぐ」こと。

髪を洗うのはすることがけっこう多く面倒くさい作業です。それなのに「シャンプー前にブラッシング」とか「このように洗え」とか言われても、良いのは分かりますが忙しい現代人にはそんなことするヒマはありません。では一言でシャンプーで一番重要なことは…

【保存版】シャンプーの正しい仕方・方法を、「なぜそうするのか」という理由も合わせてお話します。

毎日行うシャンプーはヘアケアの基本で、「正しいシャンプー法」というものは多くの所でご紹介されています。今回は当サイトで考えた正しいシャンプーの仕方を、「なぜ、そのようにするのか」という根拠も合わせてご紹介します。あなたのヘアケアの何かの足…

シャンプー前のブラッシングは、絡みやもつれを解くぐらいでいいのです。

シャンプー前にブラッシングすると良いという話があります。美髪を意識するなら気になるところですが、しなくてもよいという意見もあります。実際どちらが正しいと思われますか?今回はそんな、シャンプー前にしておいたらいいことをご紹介していきます。

ミラブルで髪の汚れがどれだけどのように落ちるのかが気になります。

水と泡だけで汚れを落とす画期的な製品ミラブル。皮膚や毛穴には洗剤を使わなくても汚れが落ちると言った効果があるという話です。では髪はどうでしょう?ひょっとしたらシャンプーを使わなくても髪の汚れを落とせるのかもしれません。そんな話を今回はした…

今のシャンプーは多くが弱酸性か中性で、洗浄力もマイルドらしい。

昔のシャンプーは多くはアルカリ性で、洗浄力が強いものが多くありました。それらは製造技術がまだ未熟だったこともあったのですが、私達の生活習慣からも来ていたと考えています。では、ほぼ毎日洗うようになった現在でも、多くが同じようなシャンプーなの…

シャワーの温度は何℃が適切? ぬれた髪と熱から科学的に考えた、洗髪時に髪にとって最適な水温の話。

毎日のように行うシャンプー。湯シャンであっても毎日のように洗髪しますよね。このとき、適切な温度があるのをご存知でしょうか。じつは髪はぬれている状態が非常に弱く、温度や状態によっては髪に何らかの影響を与える可能性もありえるのです。今回はそん…

シャンプーの泡立ちと洗浄力の話。洗浄の強さを見極めるには泡の状態を判断材料とするのが、ある程度役立ちます。

シャンプーといえば泡立つというイメージですが、しっかり泡立っているときはシャンプーの洗浄力ももっとも高い状態だとも言えます。ですが近頃は皮脂の取りすぎや洗いすぎといったことが問題になっているのも事実。今回はその洗浄力の見極めで、ちょっと役…

シャンプーの頻度や回数を真剣に考えた結果、洗髪頻度や回数はその人によって変わることが分かった話。

每日おこなうことが普通になったシャンプーですが、以前は週一回や、月二回だったことをご存知ですか? 近年では「朝シャン」などもありますが、頻繁におこなうシャンプーにも疑問の声も出ています。いったいどの頻度でどの回数がベストなのか、考えてみまし…

最近のシャンプーはどんなものを選んでも、大差はあまりないんじゃないかな?と思ってしまった話。

昔、お風呂があまり普及していなかった時代は洗浄力が強く、粗悪なシャンプーが多かったのですが、最近ではシャンプーの品質も向上し、洗浄力も弱くなってきています。そんなことを考えていたら「最近のシャンプーは、どんなものを選んでも大違ないんじゃな…

アミノ酸シャンプーだって欠点はある?髪や頭皮に良いと言われるアミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット。

ネットでシャンプーを調べてみたら、よく出てくるシャンプーにアミノ酸系のシャンプーがあります。これらアミノ酸シャンプーは記事によると少々値段は高いですが、髪や頭皮に非常に良いという印象を受けます。はたしてそれは、本当でしょうか?今回はアミノ…

「ストレートになるシャンプーやトリートメント」があると聞いたので、ちょっと調べてみた話。

シャンプーなどで「ストレートになるシャンプー&トリートメント」なるものがあるらしく、それらはシャンプーやトリートメントの成分で髪のうねりやクセを抑えてくれるそうです。ストパーなどしなくてもストレートになるなら画期的ですが、どのような仕組み…

リンスインシャンプーて何? 仕組みは? などについて、いろいろまとめました。実はけっこう化学的な仕組みなのです。

リンスインシャンプーをご存知ですか?リンスとシャンプーが一体化したシャンプーなのですが、単純にシャンプー剤とリンス剤を混ぜても出来ません。いったいどのような仕組みでシャンプーとリンスの両性能を持つことができるのでしょうか?そのような諸々の…

シャンプー剤の成分と、その働きについてまとめ。単にシャンプーといっても、中身はけっこう複雑なのです。

シャンプー剤に含まれている成分と、その働きについてまとめました。一口に「シャンプー」といっても、実に様々な成分が入っていて、それぞれが絶妙な配合で上手く働くことで、一つのシャンプー剤として成り立っています。