このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪の話題

hair と hairs の違いからみる「髪」と「髪の毛」の違い。髪と髪の毛は同じようであり違わないかもしれません。

hair と hairs に違いがあるようにに、「髪」と「髪の毛」にも違いがあるのか調べてみました。結果は同じであるようで違いもあるという、よく分からいものでしが、これには日本語と英語の違い見られるような、日本語という言語が持つ特徴が深く関わっていま…

水道水の残留塩素で髪が傷む? 髪と水道水の塩素の話。

たまに話題に上がっていくる水道水にふくまれている塩素、つまり残留塩素の話ですが、これれの話の多くは読者の不安をあおっているような話が非常に多いと思います。本当のところ残留塩素は髪に影響するのか、影響するとしたらどういう影響なのかなど、当サ…

「乾いた髪にリンスして脱色」がどうして出来るか、その仕組をちょっと強引に考えてみた話。

髪を明るくする方法で「リンスを乾いた髪に付け、10〜15分ほど置いてからシャンプーすると明るくなる」という話があります。リンスの成分を見たらブリーチのような成分は1つも入っていないのに、本当に髪が明るくなるのでしょうか?今回はリンスで脱色ができ…

「残留するアルカリ」て何? アルカリ剤の種類と特徴についての話。

残留アルカリと言われる髪にアルカリが残留する現象は、昔はあまり問題として注目されていませんでしたが、近年では様々な場所で見聞きするようになりました。ですが、そもそも「髪に残留するアルカリ」とは何でしょう?今回はそんな買に残留するアルカリに…

理美容店は増えているのに市場は縮小、美容師は増えているのに美容師不足、という不思議な話。

厚生労働省の衛生行政報告によると、今年の理美容店の数も、理美容師の数も増えています。理容店・理容師は減少傾向ですが、それを上回る数で増加しているのが美容店・美容師です。ですが業界の市場は縮小傾向、美容師の数は不足しているそうです。どうして…

髪も肌のように、アルカリ中和能があるのか、それとも無いのか。

髪と肌はケラチンタンパク質でできていて、似ている部分は多くあります。そのお肌には「アルカリ中和能」という機能があり、皮膚がアルカリ性に傾けばすぐさま弱酸性に戻す働きを持っています。では、よく似た部分がある髪にも、そのような機能はあるのでし…

髪とも関係が深い『酸化』って、そもそもなに? 髪にまつわる酸化について、まとめてみました。

日常に最も近い化学反応に酸化がありますが、実は髪にもいろいろ関係が深い化学反応なのです。今回はその酸化について簡単な酸化の説明から、髪にまつわる酸化が関係した話など、様々いろいろとまとめたお話です。

町や地域に昔からある、小さな理容店や美容店が潰れずに残り続けている理由。

町や地域に必ずといっていいほどあるのが昔から営業している理容店や美容店なのですが、それほど繁盛していないように見えるのに潰れたり閉店したりしません。どうしてなのかと言えば、理美容店の儲けのカラクリにヒントがあります。今回はその秘密について…

シャンプーやトリートメント、リンスやコンディショナーなどで使われている、界面活性剤とは何か。

シャンプーやトリートメント・リンス・コンディショナーにかかせない、界面活性剤についての話です。じつは整髪料や化粧品など、さまざまな製品に使われていて、髪の毛の関わる製品にもきってもきれない重要な成分でもあります。

最近のシャンプーはどんなものを選んでも、大差はあまりないんじゃないかな?と思ってしまった話。

昔、お風呂があまり普及していなかった時代は洗浄力が強く、粗悪なシャンプーが多かったのですが、最近ではシャンプーの品質も向上し、洗浄力も弱くなってきています。そんなことを考えていたら「最近のシャンプーは、どんなものを選んでも大違ないんじゃな…

AIやIoTなど最新技術を理美容や毛髪業界にどう活用させるのか、勝手に妄想した話。

近年の技術進歩は著しく、次に来るのはビックデータやAIなど「ITをどう使うか」ということらしいです。ITには比較的疎い理美容・毛髪業界なのですが、このような技術で画期的なサービスが出てくるかもしれません。今回はそんな話から、管理人が勝手に考えた…

「ストレートになるシャンプーやトリートメント」があると聞いたので、ちょっと調べてみた話。

シャンプーなどで「ストレートになるシャンプー&トリートメント」なるものがあるらしく、それらはシャンプーやトリートメントの成分で髪のうねりやクセを抑えてくれるそうです。ストパーなどしなくてもストレートになるなら画期的ですが、どのような仕組み…

じつは髪の毛は、水のことが大キライ? 生命の進化や動物の体毛から見る、髪と水との関係性の話。

私たちは進化の過程で髪など一部の

髪の毛と、それに関係した「数字」の話。1日に伸びる長さや、世界一長い髪の長さなど、いろいろ集めました。

先日、日本の女子高生が「最も長い髪の毛を持つティーンエイジャー」としてギネス認定されましたが、その髪の長さは、なんと155.5cmなのだそうです。そこから「髪は1日に何cm伸びる」や「世界一長い髪の毛は何cm」などといった、髪に関係した数字について集…

「自分の細胞で人工培養した毛包を使った薄毛治療」が実用化したら、どんな風になるかを勝手に想像してみた。

最近発表された、「自分の細胞で大量の毛包を培養することに成功した」という記事を見て、それが実用化したらどうなるのかということを、勝手に予想しました。できる場所や費用のこと、それと、ちょっとした個人的な願望も書いてみたりしています。

「髪は弱酸性」というけど、弱酸性やアルカリ性を表す pH(水素イオン指数)って、そもそも何?

「髪は弱酸性」というふうに、酸性やアルカリ性という言葉はよく見聞きしますが、この酸性やアルカリ性など判別するのが pH(ペーハー)です。ですが、そもそもこの pH とは何でしょう?今回は髪の毛や、髪に関係した製品などにも関係が深い、酸性やアルカリ…

髪の毛に関わる製品でもよく見かける「イオン」について、ちょっと調べてみました。

髪の毛に関わる製品や、日頃の生活の中で「イオン」という言葉をよく見たり聞いたりします。ですが、イオンがいったい何のことなのか、いまいちよく分かっていない人も多くおられます。今回はこの「イオン」とは何かについて、ちょっと調べてみた記事です。

昔「子供にリンスをしてはいけない」という話があったのですが、聞いたことがありませんか?

「子供にリンスをしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? ずいぶん昔の話なのですが、実際そういう話があった時代もあるのです。どうしてこのようなことが言われていたのでしょうか? そのことについて、詳しく書いてみました。

「髪(かみ)」を意味する髟部の漢字70個と、日常でよく使う髟部の漢字を集めてみました。

「髟」という部首は、その字自体が「髪(かみ)」という意味をふくんでいます。なので「髟」が部首の漢字は、「髪」と同じようにそれぞれ髪に関係した意味を持っている、と言われています。いったいどんな漢字があるのでしょう? 今回は髟部の漢字を集めてみ…

ただの脂じゃない!? 髪と関係が深い皮脂の成分を分かりやすく解説。皮脂の性質や特徴の秘密は、その成分にあります。

髪と関係が深い皮脂について、その成分を調べました。皮脂がどうして弱酸性なのか、皮脂はどうして汗(水分)と混ざることができるのか、そういった皮脂の特徴や性質の秘密が、その成分を見ることで分かります。

どうして『髪』は『かみ』と呼ぶ?「髪」という漢字の成り立ちと「かみ」という言葉の成り立ち。

「髪」どうして「かみ」と言うのでしょう。「髪」という漢字の成り立ちや、「かみ」という言葉の由来など、私達の身近にある「髪(かみ)」という言葉に焦点を当てました。ちょっとした雑学ですが明日の話題のネタに使えるかもしれません。

アデランスの上場廃止のニュースから紐解く、かつら・ウィッグ市場の推移と、変化してきた現状の話。

アデランスのMBOや上場廃止のニュースをうけて、近年のかつら・ウィッグをあつかう毛髪業市場の推移と現状を調べてみました。これにより今の男性や女性のカツラ・ウィッグに対する変化や動向が見てとれます。