このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪も肌のように、アルカリ中和能があるのか、それとも無いのか。

「髪はアルカリ性より弱酸性のほうがよい」

よく聞きますよね。

当サイトでもアルカリについては何回かお話しています。

アルカリが髪に残ったものを「残留アルカリ」などと呼びますが

これが、お肌の場合ならそれほど気にする必要はありません。

それはなぜかと言えば、皮膚にはアルカリ中和能という機能があるからです。

ところで髪と皮膚は、同じケラチンタンパク質でできていて、似ている所も多くあります。

なので、皮膚にアルカリ中和能という機能があるなら、髪の毛にもそのような機能があっても不思議じゃないですよね?

今回はそんな「髪のアルカリ成分は中和されるのか」というお話です。

皮膚のアルカリ中和能とは?

まず肌や頭皮といった皮膚が持っている「アルカリ中和能」についてです。

皮膚にはアルカリ性の水溶液や物質が付着しても、それを素早く(約15分から3時間ほどで)中和し、弱酸性の状態に保つ性質があります。

このことを「アルカリ中和能」と言います。

これは汗や皮脂の成分が弱酸性に傾いているので、それらによって皮膚表面が弱酸性の状態になるためです。

簡単に言えば、皮脂や汗が弱酸性なので、皮膚表面も弱酸性になる、ということです。

髪にアルカリ中和能はあるか?

次に、この機能が髪にもあるかどうか、ということです。

これに関しては文献や資料が無いので、完全に当て推量なのですが…。

おそらくアルカリ中和能の機能は、毛髪表面はあるかもしれません。ですが、毛髪内部は無い可能性が非常に高い。

以下、そう考えるに至った経緯です。

毛髪表面は中和する可能性はある

皮膚表面を弱酸性にしているのは皮脂や汗です。

髪の表面のキューティクルには、その皮脂を運ぶ機能、18-MEA などがあります。

関連記事

この機能が働いていると、皮脂と汗が混ざってできたクリーム「皮脂膜」がアルカリ中和能の働きをする可能性は非常に高いです。

ただ 18-MEA が無くなると、この皮脂を運搬する働きは弱くなります。

毛髪内部は中和する可能性は低い

次に毛髪内部はといえば、構造的に皮脂が入る可能性は低いです。

内部は基本親水性で、油脂が入りにくくなっています。

汗は入る可能性がありますが、自然の状態で中和するほどの量の汗が、髪に浸透するというには、ちょっと考えにくい。

運動すれば汗もいっぱい出ますが、髪がぬれるほど多量の汗をかくとなると、それはそれで汗がアルカリ性に傾くそうです。

つまりは表面はアルカリ中和能はあるかもしれないが、内側までその機能はおよばない、という結論になります。

そして髪がアルカリ性に傾くときは、だいたいは髪にアルカリ性の水溶液や薬剤が浸透したときです。

つまり、アルカリ中和能が働きにくい内側にアルカリ成分が入るので、肌のようにアルカリ中和能が機能できないと考えています。

これは諸説あるのですが、髪に残ったアルカリが、シャンプーやシャワーなどで外に流れ出るまで、アルカリ性のへアカラーで14~20日間ほどパーマネントウェーブで7~10日間ほどかかると言われています。

ところで、アルカリ性や酸性を測定するには水分が必要です。水分が無いとアルカリ性や酸性といった ph は測れません。

関連記事

つまり髪のアルカリ度を判断する方法は、髪の表面や、髪をぬらした水から pH を測ります。

上記のように本来は弱酸性を示す髪の水分からアルカリ性が検出されるので、アルカリ性に傾かせる何らかの物質が残留していると推察できます。

なので髪の毛にアルカリ中和能のように、素早く弱酸性に戻す機能はありません。

広告