このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプー前のブラッシングは、絡みやもつれを解くぐらいでいいのです。

シャンプー前にブラッシング。

シャンプー法などで、すると良いと言われていたりするものです。

ブラッシングとはブラシで髪を解かすこと。中にはくしで解くコーミングだったりしますが、おこなう意味的にはほぼ同じです。

シャンプー前にブラッシングするメリットとして、次のようなものが挙げられます。

  • 髪のからみやもつれをとる
  • 髪の抜け毛やホコリをとる
  • 髪の汚れを浮かす
  • 頭皮をマッサージする効果がある
  • 皮脂を毛先までいきわたらせる

ブラッシングで髪の絡みやもつれが取れるのはもちろんです。抜け毛やホコリ等も落ちたりします。

あと根元や毛穴の汚れを浮かして落としやすくする効果があるとか、頭皮をマッサージする副次的効果。さらには髪の根本にたまっている皮脂を毛先まで行き渡らせ、その点々の保護膜で毛先を守り、シャンプー時におこる毛先のダメージを軽減させるという効果もあるとか。

で、このブラッシングの効果ですが、じつはまったく意味がなく「しなくてもいい」という意見もあります。

ほんとは、どっちなの? となりますよね。

今回はそのシャンプー前のブラッシングについてのお話です。

ブラッシングのほんとの利点

髪を洗う前にブラッシングをする利点として、本当のところはこれだけだと思います。

それは

「シャンプー時に起こり得るひっかかり等のトラブルを減らす」

これだけです。

余分な抜け毛やホコリ等は最初のシャワーの水洗で流せます。皮脂を毛先に行き渡らせたところとて後の洗い方などでダメージ具合は変わりますし、汚れを浮かしても洗い方次第なのは同様。

ただ、絡みやもつれ等は最初にほぐしておいたほうが、洗髪中のひっかかりなどといったムダなトラブルが起こりにくくなる。

これだけ? と思いますが、これが結構重要なのです

というのも、髪はぬれただけでもダメージを受けるなどと言われるぐらいぬれた状態は弱い状態。さらに髪はダメージを受けると再生しませんので、できるだけ受けないようにするのがベスト。

なので、シャンプー中に髪に変な力が加わってダメージを受けないよう乾いて丈夫な髪のうちに絡みやもつれを取っておくことは重要なのです。

ブラッシングの注意点


シャンプー前のブラッシングは、髪の絡みやもつれを解くぐらい。

なので、基本的には絡みやもつれを解せるものなら何でもいいのです。ブラシだろうがコームだろうが手ぐしだろうが。

ただ、ポイントがいくつかあります。

乾いた状態でおこなう

1つはシャンプーする前の乾いている状態でおこなうことです。

髪は乾いている状態が一番丈夫です。この状態でほぐすようにしましょう。

やさしくゆっくり

2つ目がとにかく優しく、ゆっくりとかすことです。

というのも、ブラッシングといった物理的・機械的な行為は意外と髪にダメージを与える行為で、力強く100~200回ほどブラッシングするだけでけっこう髪はダメージを受けます。

特に注意してほしいのは毛先。ブラッシングを何となくパパッとすると、毛先にもっとも強い力が加わります。

なのでするときは毛先までやさしくゆっくりブラッシングするよう心がけてください。

ブラシについて

ブラシ(またはコーム)はいろんな種類がありますが、基本髪の絡みやもつれをほぐすだけですので、どれでも構いません。

どれでも構わないのですけど、最適なのはスケルトンのような目の荒いブラシやコームです。目の細かいものだと解き方次第では髪に負担がかかったり、逆に髪がもつれたりすることがあるので注意してください。

また、ツゲ櫛や木製のクシがよいという話もあります。これらはもちろん良いのですが、木製のクシを使う理由のひとつである「静電気が発生しにくい」ならば、最近のブラシはプラスチック製でも静電気を発生しにくいよう工夫されています。

ようは髪に負担がかからないで、絡みやもつれが取れるのなら何だってかまいません。手ぐしだって構いません。絡みやもつれが取れたらいいのです。

あと「毛先から解くように」という方法論などもありますが、これはブラシだけの場合は毛先からのほうがいい場合がありますが、何度も書いていますが髪のからまりやもつれが取ればよいので、それほど難しい考えなくても良いと思います。

ようは、ぐっとひっかかったり絡まったりしないよう、やさしくゆっくり梳かせばよいと思います。*1

髪のプロでもある美容師さんでもそんながっつりブラッシングやコーミングはしませんよね。せいぜい絡みやもつれがあれば解す程度。それでも髪はキレイになりますよね。つまりは、そういうことです。

ちなみにスプレーなど整髪料でガチガチに固めている髪の場合、無理にブラッシングするとかえって髪を傷めてしまう可能性があります。

そのような状態のときはブラッシングは避け、シャワー等で整髪料などをしっかり落とし、それでもダメならリンスやコンディショナー、トリートメント等を付けてるかシャンプーに混ぜて洗えば落としやすいです。

それと、髪がもつれたりしないショートヘアの場合、もちろんこのようなことをしなくても大丈夫ですよ。

広告

*1:かす」と「かす」は「とかす」という意味は同じです。余談ですが「くしけずる」」には「くしで髪の毛をとかして整える」という意味があります。