このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーを解析サイトの情報だけで判断するのはキケンかもしれない話。

この記事のポイント
  • シャンプー等には全成分が表示されている
  • その表示成分だけで正確な品質判断は不可能
  • 成分解析は、参考程度が吉

シャンプーなどの髪の毛に関係した製品は「薬機法(旧:薬事法)」という法律に基づき、厳しく管理されています。

その一つの例として、化粧品などに使われている成分名の全表示が義務付けられています。

そして、これら成分名からシャンプーなどの製品の質などを解析しているサイトがあります。

いわゆる「シャンプー解析サイト」などの、数多くあるサイトのことです。

これらのサイトでは、シャンプーやトリートメント・コンディショナーなど、その製品に配合されている成分名で、その製品の良し悪しを判断しています。

ですが、私個人としては、その製品を表示されている成分名だけで判断するのは、非常に難しいと考えています。

どちらかと言えば、成分だけで判断するのはちょっと危険で、気をつけなければならないとも思っています。

今回は、その理由についてのお話です。

 記事を修正)

成分解析だけで判断してはいけない理由

髪の毛に使用するシャンプーなどの製品は、ジャンルでいえば「化粧品」や「医薬部外品」などになります。一部の育毛剤には「医薬品」もあります。

これらには、キャリーオーバー成分*1を除いた全ての成分が記載されています(この時点ですでに、全成分表示といっても全ての成分が明記されている訳ではないことが分かります)。

そしてシャンプーなどの化粧品では、その成分名は共通の名称になっているはずです。つまりAという製品とBという製品で同じ名前の成分があったら、それは同じ成分が使われているはずです。

それら成分名は、製品を選ぶ際のひとつの目安・指標となるのは事実。

例えば、特定の成分でアレルギーや肌トラブルを生じたとします。そうなると次回以降も同じ成分でトラブルが起きる可能性は非常に高い。そんな時、問題を起こした成分が配合されているかどうかを表示成分で確認することで、トラブルの発生を未然に防ぐことができます。

また何かトラブルなどが生じた場合、その容器や箱を持って皮膚科専門医などの所に行くと、その表示成分は治療の際に非常に役に立ちます。

このように成分表示は非常に有効に使え、消費者にとって必要なものなのですが、その製品の良し悪し、つまり洗浄力といった総合的な品質を使う前に判断するとなると、とたんに難しくなります。というか,正確な判断は不可能です。

そもそも成分を見て判断する理由は、その成分が合うか合わないかということだと思います。その成分で刺激があったとか、アレルギーがでたとか。

たしかに、配合されている成分によって、過去にいくつか健康被害が生じた事例もあります。

リンク:化粧品を安全に使うには~2つの化粧品健康被害から学んだこと~

こういう話を聞くと「成分をちゃんと見なきゃ、調べなきゃ」と思いますよね。

もちろん、健康被害やアレルギー反応を避けるため、成分名を確認することは重要なことです。

ですがそれ以外、特に洗浄力などを判断するのは非常に難しい、という話です。

配合量が分からない

シャンプーなどの化粧品にふくまれている成分の中には、その配合している量によって質が変化するものもあります

例えばリンス(コンディショナー)によく配合されているカチオン界面活性剤は、多くは皮膚刺激があると言われる「第4級アンモニウム塩」が使われています。

これらの成分としては、「ベヘントリモニウムクロリド(塩化アルキルトリメチルアンモニウム)」や「セトリモニウムクロリド( 塩化セチルトリメチルアンモニウム)」「セトリモニウムブロミド(化セチルトリメチルアンモニウム)」などがあるのですが…。

これらは、皮膚への安全性に関して、ベヘントリモニウムクロリドなら3.0%、セトリモニウムクロリドなら1.0%の濃度を超えない限り、安全性に問題ないと報告されています。

つまり成分は、その成分の性質だけでなく量も大きく関係してきます。もっと言えば、たとえ「危険だ」「刺激がある」と言われているものでも少量なら問題なかったり、「安全だ」「刺激が少ない」と言われているものでも量が多かったら問題が生じる場合があるのです。

そして、これら製品の配合量は、製作者がお金と時間をかけて研究、開発しています。

聞いた話ではシャンプーひとつ作るだけでも制作側としてはかなり大変で、少しでも配合量のバランスが変わると、シャンプーの性能や品質もガラリと変わるそうです。

つまり同じ表示成分でも配合量が違うだけで、まったく品質が違うシャンプーができるのです。

もちろん、このように苦労を重ねて作り上げた製品の配合レピシは、とうぜん企業秘密で、通常では私たちが配合量を知ることは不可能です。

なので、配合量やバランスが分からなければ、その製品の品質を判断することは不可能なのです。

洗浄力が強い成分であっても、少量ならそれほど強くないのです。逆に洗浄力が弱くっても、大量に入っていると強い洗浄力を持つことがあります。

原料の品質も分からない

もう一つ挙げるとしたら、表示成分の、その成分自体(原料)の品質の問題もあります。

表示成分自体は、同じ名称なら基本的な原料は同じです。ですが、その使われている原料の「品質」は、その原料を製造している制作会社によって微妙に違うことがあるのです。また、同じ会社で作られた原料であっても品質にグレードがあったりします。

例えばA社とB社で同じ表示名の界面活性剤を作っていたとしましょう。その両社が同じ製造工程で作り、同じ品質で、同じ値段なのかといえば、そんなことはありませんよね?会社が違えばだいたい何らかの違いがあるもの。それが品質だたり値段だったりするのはよくある話です。

中には自社オリジナルで研究開発した成分もあるのでしょうが、原料によっては他社から購入している物もあります。

作っている会社が違えば、品質にも若干の差は出てくるもの当然。モノによっては原料にランクやグレードなどがあり、品質と値段に差がある物もあるとかないとか。

これらは、メーカーに問い合わせれば答えてくれる場合があるそうですが、聞いたところで分からないし、基準が分からないから判断もむずかしい。

例えば上記リンク先に書かれている健康被害にある「茶のしずく石鹸」ですが、このアレルギーの原因とされた加水分解コムギ「グルパール19S」は、箱には『水解小麦末』として表示されています。

参考リンク:
FAQ(一般の方向け) - 日本アレルギー学会

そして、その加水分解コムギは複数社が製造していて、その高い保湿性のために、当時は多くの化粧品やシャンプー・石鹸などの製品に添加されていました。

ですが、このアレルギー被害が多く生じた「茶のしずく石鹸」に使われていた加水分解コムギは1社(片山化学工業研究所)が製造していた「グルパール19S」で、同原料を使用した製品で同様の小麦アレルギー患者さんが発症していることが確認されています。

これは実際に被害が出ている極端な例で、現在はこのようなことが起こらないよう厳しくチェックされていますが、表示成分名が同じでも原料の品質が違う一例としては分かりやすいと思います。

まとめますと、次のとおりです。

  • 成分名は、体質に合う合わない等を判断するには役に立つ
  • だが、洗浄力といった総合的な品質までは判断できない

成分表示の目的の1つは、その成分を見ることで購入する際、その商品を選ぶ目安のひとつとして義務化されているものです。

なので、商品選択の目安として成分に着目することは、けっして悪いことではありません。

ですがシャンプーの場合、特に洗浄力といった項目は表示成分だけ判断するのは難しい。どんなにマイルドな洗浄力の界面活性剤でも、その量によって変わりますからね。

さらにそこに加えるなら、実際使う時のシャンプーの量も関係してきます。そうなってくると、解析による洗浄力といった違いはアテにならない。

正直な話をすると、このような解析を使って高価なシャンプーを購入させるサイトが多くあります。なぜかと言えば、それが売れたことによる成果報酬(アフィリエイト)があるからです。

この報酬目的で、かなり偏った情報を使って高額な製品を買わせようとする所もあります。

シャンプーは高いからいいシャンプーという訳ではありません。あなたの今の体質・髪質に合ったシャンプーがベストなシャンプーなのです。

成分表示の解析からの判断は、その成分が体に合うか合わないか等の参考として使うには非常に便利です。ですが、だからといって、そのシャンプーの品質まで判断できるものではない、ということは頭の隅に入れておいてください。

広告

*1:その効果が発揮されるより少ない量しか配合されていない成分。エキスの抽出や、成分の安定目的などで使われる。