このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

薄毛対策や治療にかかる費用はいったいいくら? 期間と方法によって変わりますが、どれもけっこうかかります。

前回、髪と数字に関する記事を書いたのですが、数字といえば何でしょう。お金でしょうか?

髪の毛でお金が掛かることと言えば、薄毛治療です。

現在、薄毛治療にはお金が非常にかかります。

以前書いた毛包の人工培養技術が確立し、費用が抑えられるようになれば、それなりに金額は下がるかもしれません。

ですが、それは、まだまだ先の話です。

では現在、どれぐらいお金がかかるのでしょうか?

薬など、育毛成分を使った治療の場合

AGAガイドラインにも書かれていますが、最初に勧められる治療法は育毛剤などの薬剤を使った方法です。

薬を使った治療法では、長期間の使用が基本的に前提となっています。

これは、薬の効果がすぐ現れる訳ではなく、使用してから新しい髪が伸びてき、効果があると感じることができるまで半年以上の期間を必要とするからです。

また、薬に効果があったとしたら、止めれば元に戻る可能性があります。特に男性型脱毛症は、そのメカニズムからその傾向が非常に強いです。

なので、どれぐらい期間薬を使用するかという期間によって、費用は大幅に変わってきます。

次に例を示しながら、どれぐらい費用がかかるか見ていきます。

薬用シャンプーや、手頃な育毛剤を使用した場合

薬用シャンプーやお値段ひかえめの育毛剤は、薄毛の進行を防いだり、遅らせたりするのに最適です。

これらは製品の値段や使う量にもよりますが、だいたい5000円ぐらいで購入して二カ月間使用するとします。

これを30歳から60歳まで使ったとしたら、次のようになります。

5000円×6か月(1年)×30年=900000円

このらように、約90万円ほどかかります。

二カ月に5000円ですが、期間が長くなると、かなりかかることが見て取れます。

病院やAGAクリニックに通った場合

本格的に薄毛治療をするとなると、現段階では病院やAGAクリニックに通って、プロペシアなど医師の処方箋が必要な薬を使うといった治療法となります。

近頃はジェネリックなど値段を抑えた薬剤が出ているのですが、お求めになりやすい値段になったとはいえ、まだまだこれらの治療は高額になりがちです。

一月に1万円かかるとして、そのれを40歳から60歳まで行ったとします。結果は

10000円×12カ月×20年=2400000

と、このように約240万円と、先程より高額になります。

ちなみに「LED および低出力レーザー照射」も、メカニズムから言えば髪の成長を促進させる効果です。なので、薬同様、定期的に照射しないと元の状態に戻ってしまうと推測しています。

育毛剤や薬以外の治療法

市販の育毛剤や、病院やAGAクリニックに通院する以外の選択肢としては「自毛植毛」と「カツラまたは増毛」といったものが挙げられます。

自毛植毛

ここでは自毛植毛を見てみます。

自毛植毛の場合、移植する毛包の数により変わってきます。

これはクリニックによっても値段はさまざまですが、基本料に移植する1つの毛包(1グラフト、または1Gと言います)の費用によって値段が決まります。

なので、少ないほど安くのるのですが、だいたいはまとまった量を移植します。平均的には1000本以上、費用は100万円を超える金額にはなりそうです。

ただし、先程の育毛剤や病院・クリニックへの通院との大きな違いは、一回の手術でよいことです。長期間薬を使用し続けたり、病院やAGAクリニッククリニックに通い続けるという煩わしさはありません。

ちなみに自毛植毛以外では人工毛植毛がありますが、こちらはガイドラインでも「行うべきではない」とされています。

カツラや増毛の場合

上記以外の方法で、昔からある薄毛対策のものとして「カツラ」や「増毛」があります。

最近の技術はすごいもので、普通に見たらそれがカツラや増毛だと見分けることは困難になってきています。

これらは費用的にはピンからキリまであります。最近では製造技術の向上により低価格のカツラも販売されています。なので、費用的に幅はかなりあります。

例えば、低価格のカツラならオーダーメイドでも数万円から十数万円程度で購入できます。安いものなら3万円程度のものもあります。

それに対して高いものなら、100万円を超えるものもあります。その分、高額のものは自然な仕上がりのものもあり、高額でも十分満足している方もおられます。

このことに関しては、こちらのYahoo!知恵袋に参考となる投稿があります。よろしければご参照ください。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ただし、リンク先にも書かれていますが、かつらを購入したり増毛をしたらそれで終わりとなる訳でなく、それらを維持するためのメンテナンスやが必要となります。

また使い続けているとどうしても傷んできますので、早いものでは数週間から数ヶ月、長くても2~4年で買い換える必要性がでてきます。

正直、これらで有名な大手メーカーは、この維持費やサービスなどといった継続利用にかかる費用が、企業の大きな利益となっています。

なので、購入したら終わりではなく、それを維持する費用もかかってきますので、総額的には高額になってきます。

最近では制作費やメンテナンスなどが込みの年会費製の定額サービスもあり、費用は月額計算で1万5千円から2万円ほどになるそうです。

この値段から見るからに、費用面では病院やAGAクリニックに通院するのと同じか、それ以上の費用がかかることが推察できます。

ただし、かつらや増毛は、薬のように副作用の心配が無く、また植毛のような手術も行いません。そういった身体的負担が少ないのが、これらの利点でもあります。

結局のところ、現段階の薄毛対策や治療には、どれもけっこう費用が掛かることが見て取れます。

それでも、方法や期間を考えたら、値段を抑えることも可能でが、対策や治療としては十分に行えない可能性もある。なかなか難しい話です。

また、症状やその進行度によっては選択肢も変わってきます。進行が早いと市販の育毛剤などでは効果が現れないことも考えられます。

この中で意外と費用が抑えられるのが、市販の育毛剤や薬用シャンプーなどを使った方法です。

ある育毛メーカーの方が言っていましたが、生えなくなった毛髪を再び元に戻すより、すでに生えている毛髪を維持するほうがハードルが低いのだそうです。

なので、若いときから育毛剤や薬用シャンプーを使って脱毛症対策をしたほうが結果的には良いようです。

もちろん、これは育毛メーカーの方が自社の育毛剤を買わすための営業トークかも知れませんが…。

ですが私は、家系的に薄毛になると自覚し、若いときから薄毛対策を講じている人が、結果、対策が上手くいっている方を知っています。脱毛症は個人差があるので、たまたまその人に脱毛症の要因が低かっただけかもしれませんので、何とも言えませんが。

ですが、その方が若いときから行っていた対策が、決して効果がなかったとは思えないのです。

なので、薄毛対策は早め早めが良いと個人的には考えています。

特に進行が遅くゆっくりな男性型脱毛症は、知らず知らずのうちに症状が進行していきます。

その症状が弱いうちから対策を講じておくことで、薄毛も費用も抑えられる可能性が高まると考えています。

広告