このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

育毛治療は途中で止めちゃダメ?という話。

以前、私が勤めていたサロンでは育毛メニューもしていて

その内容は電気と薬を使った治療法だったのだす。

上司曰く「この器械の電気によって皮膚のバリアゾーンが開き、普通では絶対とどかない毛根の奥(毛乳頭)まで育毛剤を届かせる」という説明。

当時は「なるほどなぁ」と思いつつ、「そんなんあるのかぁ?」と半信半疑でした。

そもそも「バリアゾーン」は皮膚に何か塗っても体内に入ってこないというバリア機能のようなものという解釈ですが、医学的にそのような部分はありません。あるとしてそれに近い部分は基底層(か、基底膜)かな?

ですが、皮膚に塗ったものは分子量が大きいので入りにくいとうだけで、水など分子量が低いものは時間をかければ皮膚に浸透します(この時点で、上記の話は少々アヤシイのでが…)。

ですが上記の方法、驚いたことに効果はあったのです。何人か記録として写真が残っていたのですが、そこには時間と共に髪がフサフサ増えている写真が。

その写真のお客さんは私が勤務時でもご来店されていました、ところがその方は写真のようにフサフサとした髪をしておらず、元の薄毛に戻っていました。

いったい何があったのでしょうか?今回はその話をしたいと思います。

育毛を始めたら、途中で止めるべからず

話を聞きますと、髪が満足できるほど生えてきたので、いったん育毛施術を止めたそうです。

ところが止めた途端、元の薄毛に戻ったのだそうです。

あわてて再び育毛を始めたのですが、なんということでしょう、次からいくら育毛を行っても、以前みたいに育たなくなったのです

それでも来店されるのは、これ以上薄毛を進行させないためです。そこから何年か見ていたのですが、その方の薄毛が以前の写真のように回復することはありませんでした。

これは情報的には n=1 の情報なので、全ての人がそうなるとは言えませんし、この場合続けていたとしても同じ結果(元に戻る)になってた可能性も否定できない。

ですが私は、薄毛治療は始めたら途中で止めないほうがいいと考えています。

最近の治療は主にAGA治療ですが、もしかしたら先程の方のように、途中でやめたら次回以降は効果が表れにくくなるかもしれません。

全ての人がそうだとは言えませんが、実例を見ているだけにそう考えてしまいます。

育毛は計画的に

先程の話はAGA治療が出てくるだいぶん昔の前の話で、最近ではもっと効果があって確実な治療法が出てきています。なので効果は期待できます。

とはいえ「ちょっとやってみようかな?」ぐらいのお試し感覚でやってみるのは、ちょっと止めたほうがいいと思います。

先程のような前例があります。現在の治療法は当時とは違うとはいえ、中途半端に行って途中で止めるということは避けたほうが良いと考えます。

そうなると、大事なのは「初めたら止めない」という意志や覚悟と、それを実現する計画性です。具体的には次のようなことを考えたほうが良いかと思います。

お金

何だかんだ言っても、育毛にはお金がかかります。ドラッグストアで手軽に購入できるものもタダではありません。

AGAクリニックなどになると、市販の薬剤よりもっとお金がかかります。薬には保険は適応されません。そのほとんどは、それなりの金額がします。

期間

次にどれぐらいの期間、治療するのかも考えます。

というのも、一度始めると途中で止めないほうが良いとなると、その治療期間には先程説明した金額がかかるというこです。

また「長期間する」となると、その「止めどき」も計画の中に組み込むべきです。

幾つごろまで続けるか、または止めていいか、そういったことも考えると、掛かる費用もある程度算出できるので有用です。

これら費用等については、こちらの記事にもまとめています。よろしければ参考にしてみてください。

関連記事:

私はAGA治療の前でも、このような前例をいくつか知っているので、私は育毛剤に効果がまったく無いとは考えていません。

ですが同時に、ずっと続けなければいけないので、その期間使う費用や時間のことを考えると、それなりの決意と覚悟が必要だと感じました。

これから育毛を始めてみようと考えている方がおられましたら「途中で止めたら、次はなかなか生えてこなくなる可能性がある」ということは頭の隅っこにいれておいて、計画されることをオススメしたいと思います。

広告