このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

ホンマでっか!?TVで髪の毛の話が出たので、発毛の話だけ精査してみる。

先日、フジテレビのほんまでっかTVで髪の毛の話をしていました。

このような番組で髪の毛の話をするのも久々です。昔は定期的にそこそこ放送していたように思います。

これはおそらくですが、薄毛の原因がある程度解明されてきたため様々な説や予防法を放送する必要がなくなったためかもしれません。

以前はほんといろんな説があって、「ワカメを食べて薄毛予防」のように、科学的な根拠もない説や噂が、まことしやかに流れていたものです。

ちなみにワカメは海藻なのでミネラルといった成分豊富ですが、毛髪の元となるような成分はそれほど多いわけではない、というのが現在の見解です。つまりワカメではそれほど脱毛予防にならない。

このような薄毛と食べ物も相関関係はほんといろいろ言われています。今回のほんまでっかTVでも、そのような食べ物についての情報がありました。

今回はその食べ物についての話をしたいと思います。

「肉を食べて発毛剤を服用すると、その効果が出やすい」

その食材とは肉です。

ホンマでっかTVに出演した先生によると、「肉を食べて発毛剤を服用すると、その効果が出やすい」とのことなのです。

どうして肉をかといえば、おそらくはタンパク質のこと。

タンパク質は髪の主成分で、髪の毛の約8割ほどの成分はタンパク質です。

関連記事:

この食材を摂取し、発毛剤を併用することで、高い確率(先生が言うには約98%)で発毛効果が期待できるとのことです。

では、もう少し掘り下げたいと思います。

「赤身より鶏肉」

肉といってもいろいろあります。

代表的なものは牛・豚・鶏、そして魚。それら以外では馬や鹿、猪などのです。

これらの内、テレビでは「赤身より鶏肉」と言っていました。

どうして鶏肉かと言えば、良質で豊富なタンパク質、低い脂質とカロリー。それとスーパーなどで簡単に購入できる手軽さからだと思われます。

「肉+発毛剤」という情報はホンマか?

さて、ここから本題です。

というのも、こういう情報の中には間違っている、またはどちらとも言えないグレーなものもあるのです。

このような情報で過去、どれだけの多くの人が振り回されたことか!

このような情報はちゃんと裏を取り、精査しないといけません。

肉について

肉は動物性タンパク質といわれ、特に牛・豚・鶏の肉はタンパク質が良質だと言われています。

鶏肉がいいのは前途の通り、脂質とカロリーが低いというのが理由だと考えられます。

ところでタンパク質には動物性タンパク質の他に植物性タンパク質というものもあります。

これらの大きな違いはタンパク質の質。ざっくりと言えば動物性タンパク質のほうが質が良いです。

では植物性タンパク質はよくないのか言えばそうではなく、特徴として牛や豚などより脂質やカロリーが低いことが言われています。

なので基本的には動物性・植物性の2種類のタンパク質を、バランスよく食べていくことが理想なのですが

私たち現在の日本人は、食の欧米化により動物性タンパク質は意識しなくても多く食べている傾向が強く、その影響によるカロリーオーバーや肥満といった健康への影響が懸念されています。

まあ、だからこそこの低脂質・低カロリーの鶏肉(ただし皮以外)なのですが。

ようは髪の毛を作り得る十分な量のタンパク質(アミノ酸)を摂取しよう、という話なんだと思います。

実際のところは、個々で食べ物の嗜好やアレルギー等あるので「絶対、鶏肉でないとダメ!」という訳ではないですが。

こういうのって、結局はバランスなんですよね。

きちんとバランスよく食べ、少し鶏肉のような良質なタンパク質を多く取るよう意識すれば良いかなぁ、と思います。

発毛剤にていて

ここは少し気をつけなければいけないのですが。

テレビでは先生はキチンと肉食べて発毛剤を「飲む」と98%男性の発毛は直せますと言っています。

けれど、その発言の後、司会のさんちゃんは「塗る」と言いました。

「飲む」と「塗る」では、かなり違います。

発毛剤で飲む薬となると、主にAGAの薬です。飲むものではサプリなどありますが、それらは発毛剤ではない。

つまりこちらの先生は、AGA(男性型脱毛症)なのだと思います。

まあ塗り薬も効果がないとは言いませんが、少なくとも高い効果が塗り薬で現れるかどうかは、この発言からは分かりません。

まとめますと、フィナステリドのようなAGA治療薬なら効果は期待できますが、塗り薬など飲み薬以外の薬に関しては分からないというのが、正確なところでしょう。

この先生は「肉を食べないようにしたら抜け毛が増えた」と言っています。

これはテレビで聞いた限りでは n=1 の話のようなので、ホントはなんとも言えないですが

科学的に考えたら、必須アミノ酸が少ない野菜ばかり食べ続けていたら、肉を食べていたときよりも抜けてが増える、なんて可能性はあるかもしれたせん。

つまり「肉を食べて発毛剤を飲めば、髪が生えやすい」というのは、あながち間違ってはいないのです。

とはいえ髪の成長には野菜や果物から取れるビタミンも必須です。

つまりは結局、「バランスの良い食事を取るよう」というありきたりな答えになるのです。

ただし髪の成長にはけっこうタンパク質(アミノ酸)を使うのようなので、良質なタンパク質を必要量程度は取るように心がけたら良いかも知れません。

それと余談ですが。

「タンパク質ならプロテインでよくない?」と思われる人も多いかと思われますが。

プロテインはタンパク質以外にも成長ホルモンといった様々な成分が配合されているのがほとんどです。

中には薄毛を進行させる可能性があるものも、あるとかないとか。

karapaia.com

服用ご使用には、くれぐれもご注意ください。

出典・参照元
ホンマでっか!?TV - フジテレビ
広告