このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

ミラブルで髪の汚れがどれだけどのように落ちるのかが気になります。

ミラブル(ウルトラファインミスト ミラブル)というものがあります。

テレビCMや番組などでご存じの方も多いとは思います。

簡単に言えば、超細かい泡で体の汚れを浮かし、洗剤を使わなくてもある程度は落とせるという画期的な製品です。

開発された社長さんの娘さんはひどいアトピーで、その娘さんのためにこの装置を開発されたのこと。とても素晴らしい話です。

これまではお風呂に据え付ける装置(マイクロバブルトルネード)だけだったのですが、新しいミラブルはなんとシャワータイプです。

これで髪や頭皮もシャワーで洗うことができ、しかも専用のシャワーヘッドを取り付けるだけで使えるという設置の簡単さ。

これだけで髪の汚れを落とせるとしたら、石けんやシャンプーはいらなくなります。それはすごいことだと思いませんか?

今回はこのミラブルについての話をしといと思います。

ちなみに「マイクロバブル 髪」で検索すると、よく似た製品がいろいろ出てきますが、ここでの話はサイエンスの「ウルトラファインミスト ミラブル」のことです。

リンク:ミラブル - サイエンス

ミラブルのメリット

「汚れを落とす」という点ではミラブルもシャンプーも同じです。違いと言えばシャンプーを使うか使わないか。

では、シャンプーを使わないというメリットはどんなものがあるでしょう?いくつか例をあげてみます。

  • シャンプー液からの皮膚への刺激が減り、肌荒れやアレルギー等の発症原因が減る
  • 界面活性剤などの洗剤や合成物等の量が減る
  • 容器なども不要になり、プラスチック等のゴミが減る

特に最後のプラスチック等のゴミ問題は近年深刻化している問題で、これからの時代、減らすよう変化してきています。

またシャンプーを併用したとしても、その使用量の減少や、ミラブルそのものの節水効果も期待できるのも特徴です。

ミラブルのデメリット

では使わないことによるデメリットは何でしょう?

考えられのは、次のようなものです。

  • 汚れが落ちたかどうか分かりにくい
  • シャンプーの香りや風合いを楽しめない
  • 旅行や出張等ミラブルが使えない所での対処に困る

髪の汚れ自体は整髪料等が付いていない軽いものなら湯シャンでも落とせますし、付いていたとしても時間をかければ落ちるとは思います。

ただシャンプーなどのように泡立ち等「洗っている状態」が分かりやすいわけではないので、洗い残しが出る可能性は否定できません。

ちなみに現在のところ、髪の汚れをどれだけ落としているか、ということは確認できませんでした。体験談はあるんですどね。

いろいろ調べましたが、皮膚上の汚れ(油性ペンや口紅等)はキレイに落ちるようです。たぶん毛穴の汚れもキレイに落ちます。

そして、その能力から髪の表面にこびり付いた皮膜コーティングの除去にも高い効果が期待できます

ただ、髪は油脂類との親和性・吸着性が非常に高いです。その高さたるや原油流出の際に油を吸い取るために使われたりするほどです。

参考リンク:
karapaia.com

つまり髪に付いた油脂系の汚れは、なかなか落ちにくいということです。ミラブルの効果でこのような汚れがどれだけ落とせるか、それとも落とせないのか、それとも時間がかかるのか、かからずさっと浮いて落ちるのか、というところが気になります。

ただメリットとしてのシャンプーを使わくても(または少量で)汚れが落ちるというのは、かなり魅力があります。

しかし、シャンプーや洗剤を使わず水と泡だけで汚れが落ちる時代がくるなんて、今までは想像もできませんでした。

このまま技術が向上すれば、いずれは本当に洗髪するのにシャンプー液がいらなくなる、そんな未来が来るのかもしれませんね。

広告