このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

何もしていないのに最近髪がパサついた感じがする場合、シャンプーやリンスが原因かもしれません。

この記事のポイント
  • 全ての年代の女性共通の悩み「髪のパサつき」
  • 何もしていないのに突然パサつく人も…
  • その原因は、使っているシャンプー・リンスかも

髪の悩みは千差万別あれど、ほぼ全ての女性は髪の悩みを持っています。

アーサー&ドゥヴァーチュ株式会社(東京都渋谷区)が2018年9月5日~2019年3月10日の期間に実施した『髪・頭皮の悩み』に関するアンケート調査によりますと、2,070名(女性2,036、男性31、非回答3)の中で2,067名、じつに99.9%の人が髪・頭皮に悩みや気にしていることがあるとのことです。

参考記事:
prtimes.jp

年代によって悩みも様々ですが、全ての年齢で共通の悩みが「パサつき」です。

髪のパサつきの原因はいくつかありますが、特にダメージになりそうなこと(パーマやカラー)はしてないのに、なんだか最近髪がパサついてきた…。そんな人がおられませんか?

その原因、ひょっとしたらシャンプーやリンス・コンディショナーかもしれません。

ある日突然、パサつく髪

「今までそんなことなかったのに、なぜか最近、髪がパサついた感じがする」

そのような話を、近頃よく耳にします。

その場合、私はひとつのアドバスとして「今使っているシャンプーやコンディショナーを見直してみて」と言っています。

というのも、最近のシャンプーやリンス・コンディショナーのほとんどには、髪の皮膜コーティングとなってしまう成分がふくまれています。

昔はシリコンと嫌われたものです。最近でもノンシリコンを売りにしているものもありますが、その場合シリコンとよく似た働き(キューティクルに薄い油性の膜をまんべんなく張る働き)をするものが入っているものもあります。皮膜を作ってしまうという意味では同じ。

これは決して、これらの成分がダメだとは言っていません。シリコンといった髪の表面(キューティクル)を保護してくれる成分は、質感向上や絡み防止など適量なら髪に良い方向に働きます。

ですがそれらが多量に付着すると、逆に髪がパサついたり質感が悪くなったりするという話があります。

早く乾く髪は、水分を吸収しにくい髪?

健康的な髪は10%ほど水分を保持しています。これが髪の柔らかさやしなやかさの理由の一つ。

対してヘアダメージがあると、髪の水分保有量が減ることが研究で明らかになっています。毛髪内のタンパク質と一緒に、水分を保持する成分も壊れたり流れ出たりするのげ原因だと考えられています。

つまり髪には適度な水分が必要。

対してリンスのようにキューティクルを保護する成分は、そのほとんどが油性。水を弾く成分です。

そうです、この油性の膜が多量に付着することで、毛髪内部の水分量のバランスが崩れると考えられています。

リンスやコンディショナーの仕組みは、洗濯の柔軟剤の仕組みとよく似ています。その柔軟剤は、多く入れすぎると衣類の吸水性が低下することは有名です。

参考記事:

また、油と水は混ざりませんが、油と油はくっつきやすい。髪の毛一本一本に薄く、一日ぐらいや、シャンプーをすれば落ちてしまうような程度の保護膜ぐらいなら大丈夫ですが、多く厚くなってくると逆に、まとまりにくくなる。

シャンプーやコンディショナーに入っているこれら成分の量は、1回や数回程度なら何てことはありません。ですが近年多い洗浄力の低いシャンプーや、リンスやコンディショナーに配合している成分の量、それと速乾系のシャンプーとかによって保護膜が残りやすい状況です。

特別なにもしていない、いつもと変わらないことかしていないのに、急に髪がパサついてきた(変わったのはシャンプーやリンス・コンディショナーぐらい)。

そんな時は、そのパサつきの原因が余分な皮膜コーティングの可能性があるのです。

何度も書いていますが、こういったキューティクルを保護する成分が悪いという分けではありません。髪の静電気防止や保護など、必要な人にとっては大切な効果です。

ですが、それも「過ぎたるが及ばざるがごとし」。付けすぎたりすつと、いろいろと良くないのです

特に最近は製造技術の向上により、シャンプーの中にキューティクルを保護できる成分がふくまれていたりします。速乾系シャンプーなどはそれです。

いわゆるリンスインシャンプーです。しかも昔のように質がイマイチのやつではなく、今はとてもよく出来ています。

それ自体は何の問題はありません。ですが、リンスやコンディショナーと併用したり、アウトバストリートメントを使ったなどして、様々な皮膜成分が蓄積され、コーティングのように分厚くなっていくと、いつの日か突然、髪がパサついたり、まとまりにくくなったりしたりします

そんな場合は、リンスやコンディショナーなど髪を保護する商品の使用量をひかえる。または、使っているシャンプーやコンディショナーを変えてみるなどのアドバイスをしています。

広告