このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪は残留アルカリだけでは、ダメージを受けない(かもしれない)話。

残留アルカリ

または残存アルカリとも、アルカリ残留とも言われているもの。

髪は弱酸性の状態がよく、アルカリ性は良くない。

そんなアルカリ性の成分が毛髪内に残ってしまう「残留アルカリ」。

そのアルカリのせいで、髪のダメージが進行してしまう…!

そんな話、聞いたことありませんか?

今回はそんな、残留アルカリについてのお話をしたいと思います。

、記事を一部修正)

アルカリによるダメージ

残留アルカリとは髪の中にアルカリ性の成分(アルカリ)が残留すること。

そのアルカリで髪がダメージを受けるとしたら、下の2つのダメージが考えられます

  • 変性
  • 加水分解

変性はタンパク質の構造が崩れて別の性質に変化すること。

よくある例えなら、ゆでると固まる「ゆで卵」。ゆで卵は、卵が熱によって変性し固くなったものです。

また中華料理のピータンは、卵を灰などにふくまれたアルカリで変性させたもの。こちら黒くゼリー状になります。

加水分解とは、物資が水と反応して分解する現象。身近なものでは油脂成分の乳化や鹸化(石けん)などが加水分解の一種です。

また、アルカリと熱によってシスチン結合などに加水分解が起こり、結合が分解します。

関連記事:

これらは生じてしまうと、元の状態に戻るというのは、ほぼ不可能です。

自分の望まないカタチに変化させ、しかもそれが戻らないとなれば、それはヘアダメージだと言えるでしょう。

アルカリで変化する条件

このように聞いたら、アルカリは髪にダメージを与えるものだと思ってしまいます。

ですが、このアルカリによる変性や加水分解は、そう簡単には生じません。アルカリでも高めの pH のものか、高温の熱、それと基本、水分が必要不可欠です。

理美容店などでしたら薬液等で高アルカリ性の状態にして高温にできますが、普通の生活でこのような状態になることは、ほぼありません。

まして髪に残る残留アルカリとなると、その pH はさらに低く、水分もお風呂に入ったりしないと十分に得られません。

なので、残留アルカリだけなら、ヘアダメージが生じる可能性はかなり低いと言えます。

とはいえ、やはり弱酸性がよい

このように残留アルカリだけなら、髪のダメージつながることは無さそうです。

とはいえ、髪にアルカリが残留している場合、水分をふくむと髪がアルカリ性となり、髪の結合が通常より緩みます。

これは「ダメージを受けやすい状態」だと言え、いつもと同じコトをしてもダメージに繋がりかねません。

例えばドライヤーやアイロンでかなり高温の熱を与えてしまうと、いつもは変性しなくても、残留アルカリの影響で変性を起こすかもしれません。

それに弱酸性の状態が髪にとって1番結合が多く強い、つまり丈夫な状態なのは事実。

なので、やはり早く弱酸性に戻してあげたい所です。

髪が大きくアルカリ性に傾くのはアルカリ性のヘアカラーや、パーマや縮毛矯正など、あと海水浴などでもアルカリ性に傾きます。

これをいち早く弱酸性に戻したい場合は、アルカリオフなどのアルカリ除去剤が必要となります。

特にカラーやパーマは、残留アルカリがシャンプーなどで自然に無くなるまで、一般的にはパーマで7日から10日間程度、アルカリへアカラーで14~20日間程度かかると言われています(諸説あります)。

しかも、このときのパーマやカラーで使用した還元剤や酸化剤が残留していたりすると、髪に悪さをするこもあります。

これらもアルカリ性が低いと悪さをしにくくなります。なので、アルカリ除去剤などがあれば、髪のダメージ対策にとって強い味方となるこは、間違いはないようです。

DO-S アルカリオフ 100ml
DO-S アルカリオフ 100ml
ヘアカラーやパーマ・縮毛矯正などでアルカリ性に傾いた髪は、ダメージの原因です。DO-S アルカリオフはアルカリを除去し、毛髪を等電帯(ph4.5~5.5)に整えます。
メーカー:DO-S
※ Amazonアソシエイト
楽天アフィリエイト

ちなみに、

残留アルカリをなくすのに、シャンプーとかせずに空気中の酸素で、自然にゆっくり酸化や中和させたりする方法をたまに聞いたりしますが。

現在の毛髪化学では、空気が毛髪内に入ることは無いので、毛髪内部の物質が空気の酸素で酸化や中和をすることはありません。*1

つまり、通常の乾いた状態なら残留アルカリの影響は少ないと言えます。

では、弱酸性のシャンプーとかなら残留アルカリを中和してくれるのかと言えば、これも構造状、髪の内部まで入れるとは考えにくい。

なので、残留アルカリの除去にはまず水分が不可欠で、シャワーなどで流し出すか、アルカリ除去剤といった中和し除去してくれるモノを使うしかありません。

広告

*1:そもそも酸化と中和は違う化学反応です。