このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーで1番重要なのは「よくすすぐ」こと。

いろんなサイトでシャンプー法について書かれていて、このサイトでも「正しいシャンプーの仕方」なんていう記事もありますが。

そうはいっても、忙しい現代人には「シャンプー前にブラッシング」とかやっているヒマなどありませんよね?

正しい方法はたしかにそうかもしれませんが、それはシャンプーの工程にプラス何かをしなくてはいけないものがほとんどど。あまりすることが多いのも面倒くさいですよね。

そこでシンプルに考え、どの工程が1番重要かと考えてみたのですね。

基本的には全行程大事ですので、どれが一番重要か選ぶのは難しいのですが。

けれど最も重要、1番、外してはいけないことは何かと考えたら、もうこれしかないのですのよね。

それが今回のお話、「すすぎ」です。

すすぎが1番重要な理由

どうして「すすぎ」が重要か、その理由は2つほど考えられます。

シャンプーは「汚れを浮かす」だけ

シャンプーでつかうシャンプー液は、水では落とせない油脂系の汚れを落とす洗剤なのですが。

その汚れはシャンプー途中、液を付けて泡立てているときにどうなっているかといえば、「髪から離れて浮いている」だけなの状態なのです。

あのアワアワの泡の中に汚れは浮いているだけなのです。

これは界面活性剤というシャンプーの成分の効果なのですが、要はシャンプー中の髪の汚れはシャンプーの泡や液の中に混ざっている状態。これらを後に水で流すことで、髪から汚れを除去できるのです。

つまり、これら汚れが混ざったシャンプー液をしっかり流さないと髪の汚れは落ちずに残ってしまうということです。これが「すすぎが重要」な理由の1つです。

シャンプーなどは残らないほうがいい

あと最近ではシャンプーの成分にもさまざまな成分が配合されています。それらの中には髪や頭皮に残りやすいものもあります。

髪は基本的には何もしない(自然な状態)がいいと言われています。

これは髪は水にぬれただけでもダメージを受けると言われ、それでいてダメージを受けると修復しませんので、なにもしないほうが一番という見解です。

ですが集団活動する私たち人間からすると、衛生をしっかり管理し保つことで人間という種は他の生物より健康的に長生きでいられます。

なので基本シャンプーなどで汚れを落としキレイにするのは人間社会では必要なことなのですが、髪からすれば何もしてくれないほうが本当はよいのです。

つまりはシャンプーの成分などが髪に残っていると、何らかの悪さを(トラブル)をする可能性が残り、髪のとってはよろしくないのです。

現在のシャンプーに使われている界面活性剤は比較的安全な成分で、わずかに残ってもおそらく問題はありません。

ですが可能性の観点からすれば決してゼロではない。水でしっかりすすぎ、髪にできるだけ残留していないほうが、髪にとっては望ましいのです。

これは界面活性剤だけの問題ではありません。コンディショニング成分といった他の配合成分も何らかのトラブルを引き起こす可能性だってゼロではありません。

なので基本的には、その髪の状態によって必要な成分(油分や毛髪補修成分)を、残留し被膜とならない程度の必要最小限な量だけトリートメント等で付着するというのが理想的です。

シャンプー製品のボトルに書かれている使用方法にも、よくすすぐように書かれています。とりわけシャンプーといった洗浄成分は髪に残っていてもメリットがあるという話は聞いていません。なので、しっかりすすいだほうが良いでしょう。

ようは余計なトラブルの可能性を考えると、水でしっかりすすいで、残留しないよう洗い流したほうがいいということです。

近年の忙しい現代人には時間は貴重で、シャンプーもささっと済ましてしまわないといけないこともあるでしょう。

そんな場合でも、すすぎだけは「しっかり念入り」に、していただきたいところです。

広告