このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーの界面活性剤(〇〇系シャンプー)成分と、大まかな種類(その 2 )。

この記事のポイント
  • 合う合わないに関係している界面活性剤の親水基
  • 親水基から見た界面活性剤の分類
  • だけど正確な品質は、これでも分からない

前回の続きで、今回も界面活性剤の話です。

シャンプーに使われる界面活性剤は「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つでした。

これらは、この3つに分けることができるほど、成分の特徴が似通っていたので、それで良かったのですが、近年は様々な界面活性剤が開発され、特に洗浄力などではこの3つに分けるには無理が出てきています

簡単に言えば、高級アルコール系でも低洗浄力・低刺激なものも出てきたのです。

なので最近では、違う部分で〇〇系と分類するようになっているそうです。

それを知るためには、ます界面活性剤のことについて、少し深く知る必要があります。

界面活性剤の成分名の見方

界面活性剤の成分名には、ある程度の法則があります。

例えば、代表的で分かりやすい界面活性剤である

ラウリル硫酸Na

で見ますと、次の3つに分かれます。

  • ラウリル
  • 硫酸
  • Na

ラウリルとは「ラウリルアルコール」のことで、界面活性剤の疎水基(親油基)になる部分です。そこに硫酸を反応させることで、「ラウリル硫酸エステル」という強酸の化合物になります。

そこに水酸化ナトリウム(NaOH)と反応させてできるものが「ラウリル硫酸Na(ナトリウム)」です。

この化合物が水に溶けると、Na の部分が電離し、硫酸部分がイオン化することで水と馴染み混ざります。

つまり界面活性剤は表示名から

油と馴染む部分(疎水基)+水に馴染む部分(親水基)+中和に使ったアルカリ剤の部分

という風に読み取ることができます。

ちなみに、この中和に使ったアルカリ剤の部分ですが、ナトリウム(Na)以外にもトリエタノールアミン(TEA)やカリウム(K)、アンモニウムなどがありまが、ほとんどがナトリウム(Na)です。

また石鹸は、このような成分名でいうと「脂肪酸ナトリウム(または脂肪酸カリウム)」とも言います。これは石鹸が、天然油脂(脂肪酸)とアルカリ剤と反応させて作られたものです。

この脂肪酸は、元の脂肪酸とは別のモノになっていて、疎水基と親水基のどちらも持つ界面活性剤として機能します。

主な界面活性剤の種類と特徴

上記を踏まえた上で解説しますと、髪や頭皮・肌に直接触れる界面活性剤の部分は親水基の部分が主となります。

つまり、皮膚への刺激や洗浄力に関係が深いのは実は親水基のほう。なので、親水基の種類によって分類分けするのがように、なっているそうです。

この親水基による〇〇系を、以下に記していきたいと思います。

硫酸系

界面活性剤の一例
  • ラウレス硫酸Na
  • PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

親水基が硫酸エステル(R-OSO3)の界面活性剤。代表的な成分はやはり「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」。

ラウリル硫酸Naは刺激性などからあまり使われなくなりましたが、刺激性を低くしたラウレス硫酸Naは多くのシャンプーで使われている。たぶん一番シャンプーに使われている。

基本洗浄力がよく、泡立ちも良好な界面活性剤。上記ラウリル硫酸Naの影響から刺激がるイメージが強いが、近年では刺激が弱くなったものも出てきている。

カルボン酸系

界面活性剤の一例
  • ラウレス-4カルボン酸Na
  • ラウレス‐4酢酸Na

親水基がカルボン酸(R-COO)の界面活性剤。シャンプーでは「〇〇酢酸」や「〇〇カルボン酸」という風に書かれている。

実は化学的な構造で言えば、石鹸と同じ構造。なので石鹸もこの系統と言えば、そうとも言える。

適度な洗浄力がありながら低刺激。石鹸はアルカリ性のものが多いが、こちらは種類によっては酸性でも洗浄力を持てるものもあったりする。

スルホン酸系

界面活性剤の一例
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na
  • オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na

親水基がスルホン酸(R-SO3)の界面活性剤。台所洗剤や衣類用洗剤などで使われることが多い。

洗浄力が高く、泡立ちも良好。基本的にシャンプーに使われることはほぼないが、一部「オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na」などがシャンプーに使われたりしている。

スルホコハク酸系

界面活性剤の一例
  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • スルホコハク酸(C12-C14)パレス-2Na

親水基がスルホコハク酸の界面活性剤。

スルホコハク酸は、スルホン酸とコハク酸がくっ付いたもので、コハク酸は先程のカルボン酸の一種。

端的に言えばスルホン酸とカルボン酸を足して割ったような洗浄力で、どちらかと言えば低刺激。

また泡の持続力に優れていて、気泡剤として加えられることがある。

アミノ酸系

親水基がアミノ酸の界面活性剤。アミノ酸の種類によって

  • グルタミン酸(例:コココイルグルタミン酸TEA)
  • アラニン(例:ラウロイルアラニンNa)
  • サルコシン(例:ラウロイルサルコシンNa)
  • タウリン(例:ココイルメチルタウリンNa)
  • グリシン(例:ココイルグリシンK)
  • アスパラギン酸(例:ラウロイルアスパラギン酸Na)

といったものがあるし、時代と共に増えたりもする。

正直、種類が非常に多い。だが、そのほとんどは低洗浄力・低刺激。主にサロンシャンプーやちょっとお高めのシャンプーに配合されていることが多い

実際はそのアミノ酸ごとに細かい違い(タウリン系は洗浄力がやや高めだが、グルタミン酸系はとても弱いなど)があるが、だいたいは洗浄力が弱く低刺激。泡立ちも違いがあるが基本的には泡立ちにくい。

あとアミノ酸系全般に言えることだが、基本的に髪への吸着・残留性が高い。

使ったことがある人なら経験あるかもしれないが、洗い上がり感がみょ~に重たくなったりするがアミノ酸系シャンプーの特徴の1つだったりする。

タンパク質系

界面活性剤の一例
  • ココイル加水分解コラーゲンNa
  • ココイル加水分解ケラチンK

親水基がタンパク質由来成分の界面活性剤。

最近でてきた成分で、とても低洗浄力でとても低刺激。そしてとっても高価。

解析等では「かなり良い」とされがちな成分。当然シャンプーは高額。

毛髪補修効果があるとされるが、きっとそれは残留成分がくっついているだけで、修復してはいない。

ベタイン系

界面活性剤の一例
  • ラウラミドプロピルベタイ
  • ココアンホ酢酸Na

ベタインとは、すごく簡単に言えばカチオン(正電荷)とアニオン(負電荷)のどちらも持っている化合物のこと。基本この名前が付いている界面活性剤は両性界面活性剤であることが多い。

両性界面活性剤の多くは、親水基にカルボン酸構造(アニオン)と第4級アンモニウム構造(カチオン)の2つを持つ。シャンプーでは主にカルボン酸構造を使うので、皮膚刺激は極めて低い。

参考リンク:
両性界面活性剤 - Wikipedia

なので「ココアンホ酢酸Na」のように「〇〇酢酸」というものもあり正確には両性界面活性剤の分類となる。だが洗浄する際の親水基の構造は同じなので、カルボン酸系と同じと言えば同じだと言える(どっちやねん)。

その他

上記以外では、アミノ酸系の両性界面活性剤(ラウラミノジプロピオン酸Na)やイセチオン酸系(ココイルイセチオン酸Na)というのもあります。

それに、新しい界面活性剤も日々研究開発されていますので、新しいものが増える可能性はあります。

と、こんな感じです。

ちなみにこの系統で分かるのは、主に「その親水基の成分が、頭皮や肌に合うかどうか」です。洗浄力に関してはその成分ひとつで言えば違いがありますが、そんな単純な話なら苦労しません。

シャンプーに使われる成分は界面活性剤だけではありません。洗髪中に髪がもつれないようにするため何らかの油分やコンディショニング成分などが、だいたいは入っています。

これら油分等は界面活性剤と一緒に存在すると、洗浄の邪魔をし、洗浄力が低下します。つまりシャンプーの洗浄力は、これらの成分のが合わさったトータルの洗浄力がシャンプーの洗浄力になります。

これらは書かれている順番から「量が割合的に多く入っているなぁ」ぐらいは分かりますが、それがトータル的にどのような性質として表れるか理解することは不可能です。だって配合量や配合比率が分からないもん。

『配合量や比率が分からないとシャンプーの品質が分からない』というのは、こういう所です。

分かるのは、その成分が体に合うのかです。

まあ、慣れれば、成分名の順番から。そのシャンプーの配合目的や品質の方向性が、なんとなく分かるそうですが、正確に読むことは不可能だという話です。

あくまで選ぶ参考にはなるけど、実際は使ってみないと合う合わないは分からない、というのがホントのトコロです。

※参考・引用記事
広告